男性の肌老化が進む理由!肌へ悪影響を与えるものとは?

男性は女性に比べて肌に対する意識が低いと言われていますが、実は女性は男性の肌を気にして見ているんですよ。

肌が汚いと不潔な印象を与えることにつながってしまい、その印象のせいで恋愛や仕事において損をすることがあるかもしれません。

そこで今回は、肌へ悪影響を与える要因について5つご紹介します。それらのことを少し意識して生活を送るだけで、きっと健康的で若々しい肌を手に入れることができますよ。

要因1.不規則な生活習慣

不規則な生活習慣とは、睡眠時間が短かったり、運動不足であったりということです。こういった生活を送っていると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌荒れを起こしてしまいます。

肌のターンオーバーとは、肌が行う新陳代謝のことです。年齢によって異なりますが、一般に肌は1ヵ月前後で新しく生まれ変わります。この代謝が極端に早くなったり遅くなったりすることは、肌へ大きな悪影響を与えます。

まず、早くなることで、未熟な肌が表面へと出てきてしまいますので、外部からの刺激に弱かったり正常な機能を果たせなかったります。

また遅くなることで、古い角質が肌に長く残り、皮膚をごわごわと厚くして、肌のくすみやシミ、ニキビなどを引き起こします。

睡眠の時間帯を見直すことも大切です。睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる夜22時から朝の2時の間にはしっかり眠り、早寝早起きを心がけると良いでしょう。生活リズムを正しく整えることで、体や頭もすっきりし、肌もイキイキとしてきます。

要因2.偏った食生活

男性の多くは、魚よりも肉を好む傾向にあったり、野菜不足に陥りやすかったりします。脂っぽいものを食べると皮脂が多く分泌されることにつながります。

皮脂とは、皮脂腺から分泌される油脂状の物質のことで、肌や髪の水分の蒸発を防いだり外部の刺激から守ったりする役割をしています。

適度な皮脂の分泌は肌の健康にとって大切ですが、過剰に分泌されると毛穴から適切に排出されず、肌に残ったままで酸化して黒ずんだり、肌のキメが粗くなったりします。また、ニキビや吹き出物、加齢臭の原因にもなります。

男性の皮脂量は、女性のように思春期を過ぎても減ることはなく、40代ぐらいまで横ばいの状態で続きます。これは男性ホルモンの影響で、皮脂量は、女性のおよそ2.5~3倍と言われています。皮脂の分泌をコントロールするためにも、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

要因3.紫外線

通勤や通学、外での仕事など、季節を問わず肌は紫外線を浴びています。

特に夏は海やプールなど紫外線を強く浴びますので、日焼け止めは欠かせません。しかし、女性に比べて男性は紫外線に対して無頓着で、夏場でも特に日焼け対策をせずに出かけている人も多いのではないでしょうか。

紫外線は、シミやシワ、たるみなど肌の老化に大きな影響を与えます。また、肌が厚くごわついたり、乾燥やニキビなどの肌荒れの原因にもなったりするので、注意が必要です。

要因4.潤い不足(乾燥)

「肌のベタつきやテカリが気になるんだから、乾燥なんてしていない」と考える人もいますが、そんなことはありません。

脂性の肌質でありながら、乾燥肌の男性は、自覚がないため対策も取らず、どんどん症状が悪化していくと言われています。実は、乾燥肌の男性は女性よりも多いと言われ、それは男性が元々肌に水分を保つ量が少ないことに起因しています。

男性と女性の肌に含まれる水分量を比べてみると、男性は女性に比べて50~70%の水分しか保持していません。肌の水分が不足して乾燥するとシワやたるみが起き、一気に年老いて見えるようになります。

また、肌は水分がなくなって乾燥すると、さらに皮脂を分泌するようになるので、脂性肌だと思っている人は、実は乾燥が原因かもしれませんよ。

要因5.物理的摩擦

男性が洗顔を行う際には、汚れを取り除こうとゴシゴシ洗っていることがあります。ゴシゴシと洗うことは、肌を傷つけるだけでなく、皮脂分泌を促進します。その理由は、ゴシゴシとこすることで、必要なはずの皮脂まで取り除いてしまうからです。

皮脂が極端に少なくなった肌は、バリア機能を大幅に低下させます。その結果、肌は自分を守るために、皮脂を大量に分泌させようとします。皮脂を取り除いてテカリを抑えようとした行為が逆効果になっているのです。

これは洗顔を頻回に行うことでも起きます。洗顔は、朝晩2回、きめの細かい泡で優しく洗うことが大切です。また洗顔を行う際には、冷たい水や熱いお湯ではなく、32℃程度のぬるま湯を使うようにしましょう。小鼻やあご、髪の生え際などに洗い残しが無いよう念入りにすすぎを行い、柔らかい清潔なタオルで水分を吸い取るように押しぶきするのが大切です。

また、男性の肌を傷つける生活習慣として髭剃りも挙げられます。髭剃りによって肌を傷つけ、その結果、水分を外に逃がしてしまうため、乾燥を引き起こします。髭剃りの後は、ローションや乳液などを塗り、保湿を心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする