男の日焼け対策を知ろう!

こんがり日焼けしている男性は、ワイルドで男らしくとても魅力的です。透明感のある色白な肌よりも程よい小麦色の肌は健康的に見えますよね。

でも、ちょっと待ってください!その日焼け、本当に大丈夫ですか!?

今は、外見の格好よさを重視しても中高年になった時に恐怖の肌トラブルを引き起こす可能性があるので日焼けを甘く考えてはいけません!

このページでは、日焼けによる肌トラブルや男性の紫外線対策について詳しく紹介しています。

日焼けによる肌トラブル

日焼けの原因が紫外線というのは誰でも知っていますよね。長時間、紫外線を浴びて肌が赤くなりヒリヒリ痛いという経験をしたことがある人はきっと多いはず。

これは、紫外線によって肌表面の細胞が傷つけられている状態でサンバーンと言われています。サンバーンとは、サン=太陽、バーン=やけどと言う意味で、いわゆる“やけど”ですね。症状がひどくなると皮が剥がれたり水ぶくれになる場合もあります。

このサンバーンが落ち着いた後、色が黒くなる日焼けはサンタンと言われています。

男性ならではの無防備な日焼けは、紫外線によるダメージを蓄積し、シミやくすみ、しわやたるみなどの肌の老化に繋がります。これは5年後10年後の肌に大きな悪影響を及ぼします。また、肌の老化の原因以外に皮膚がんの発症率が高くなる可能性もあります。

しかし、日焼け対策をしっかりすれば効果はあるので、将来後悔しないように今のうちに紫外線から肌を守りましょう。

日焼け対策の必要性

実は、女性よりも男性のほうが日焼けしやすいというのはご存知ですか?

女性は、スキンケアや美容に対する意識が高く、日常化粧をしている人が多く見られます。化粧品には紫外線対策になるものが多く、化粧をしていることである程度の紫外線から肌を守ることができています。

日常化粧をしない男性は、紫外線を直接肌に受けてしまうので女性に比べるとダメージが大きくなります。さらに、毎日ひげを剃る人がほとんどで、もともと肌が傷つき乾燥しているため肌の状態は良くありません!

ハリや潤いのある若々しい肌を保つためにもスキンケアの意識を高め、シミやしわ・たるみなどの肌の老化からもしっかり予防しましょう。

また、紫外線による肌へのダメージの他に白内障(目の日焼け)や薄毛・抜け毛(頭皮の日焼け)の原因にもなるので、日焼け対策の必要性がよくわかります。

紫外線対策には日焼け止め!

手っ取り早い対策として、日焼け止めを使った紫外線対策がおすすめ!

特に男性は、紫外線に対して無防備な人が多く、アウトドアやレジャーなど長時間屋外で過ごしているうちに思わぬ日焼けをしがちです。

日焼け止めを使うことにちょっと抵抗がある人も多いかもしれませんが、男性が使いやすい男性用の日焼け止め商品がたくさんあるので、自分の肌に合った使いやすいものを見つけられるでしょう。

驚くことに男性は女性の約2倍もの毛穴の数があるそうです!

その分、皮脂の分泌量が多く汗をかきやすくなっているので、汗や油分に強い日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

日焼け止めを選ぶ基準

たくさんある日焼け止め商品の中から選ぶ基準として、数値のポイントを把握しておきましょう。

どの日焼け止めにもSPFPAと書かれていますが、この数値が効力の強弱を表わしています。

SPFとは、シミやそばかす・皮膚がんの原因となる紫外線(UVB)をカットし、どの程度の時間抑えられるかを数値化したもので、SPF30やSPF50などと数字で表しています。

PAとは、しわやたるみなどの肌の老化の原因となる紫外線(UVA)をカットし、どの程度の時間抑えられるか示したもので、PA++やPA+++などと+の数で表しています。

この数値は高ければ良いというわけではなく、数値が高くなるにつれて肌への負担が大きくなるので肌荒れの原因になる場合があります。

日常生活の紫外線予防は低めの数値、海・山、レジャーや炎天下のスポーツ観戦などの紫外線予防は高めの数値といったようにシーンによって日焼け止めを使い分けましょう。

ただ、日焼け止めの効力は2~3時間程度しか持たないので、何回か塗り直すことが重要です。

日焼け止めの種類

日焼け止めにも様々な種類があるので肌質や使い心地で自分のお気に入りのものを見つけましょう。

・クリームタイプ 

保湿力が高く、乾燥肌の人におすすめ。

汗で落ちにくいメリットはあるものの伸びが悪く白浮きしてしまうことがあります。しっかり塗れて落ちにくい分、クレンジングで落とさなければ肌荒れの原因になります。

・乳液タイプ

刺激が少なく敏感肌の人におすすめ。

付け心地や伸びが良く、塗りむらになりにくいので体にも使いやすいので安心して使用できます。

・ローションタイプ

化粧水感覚でとても使いやすく最も肌に優しいタイプなので、敏感肌や乾燥肌の人におすすめ。

クリームタイプなどと比べると汗で落ちやすく日焼け止めの効力は低いので、日常生活で使用しましょう。

・ジェルタイプ

べたつきが少なく伸びが良いが、刺激が強い成分が含まれているものが多いので敏感肌の人にはおすすめしません。

特に目や口のまわりなど皮膚の薄い部分の使用は肌荒れの原因になる場合があります。

・スプレータイプ

手が届きにくい背中などにも簡単に吹きかけるだけで塗れるので、手が汚れず気軽に使えます。

直接手で塗るわけではないので、塗りむらができやすいのが難点。髪や頭皮に使えるタイプもあるので、しっかり予防できる便利なタイプです。

帽子、サングラス、日傘などの活用

日焼け止めを使うこと以外に帽子やサングラスなどの活用も紫外線から目や頭皮を守ることができます。

ただ、日傘は・・・。男性が日傘を使うのは、かなり抵抗がありますよね!

日傘を使っている男性を未だに見たことがありません。

抜群の効果があるのは分かっていても無理に使う必要はないので、自分に合った対策を継続することに価値があります。

男性にとって、紫外線対策はまだまだ意識が低いとは思いますが、まず日焼け止めを塗ることから習慣にしてみましょう!

紫外線対策は一年中

日焼けと言えば夏のイメージが強いかもしれませんが、紫外線は季節、天気に関係なく一年中降り注いでいます。

実は、紫外線が一番多い季節は5月~6月。

そして、紫外線が一番多い時間帯は10時~14時。

また、晴れの日だけではなく、曇りの日でも日焼け止めを使うようにしましょう。

晴れの日の紫外線量が100%とするならば、曇りの日の紫外線量は約60%、雨の日でも紫外線量は約20%あると言われています。

紫外線対策は一年中、積極的にしましょう!

日焼けをしてしまった対処法

日焼け止めや帽子、サングラスなどの活用で紫外線対策をしていても100%紫外線をカットすることは不可能です。

思いがけず予想以上に日焼けをしてしまったらしっかりアフターケアをしましょう。

日焼けで赤くなった部分を冷やしタオルで優しく抑え、化粧水や乳液で肌を保湿し乾燥から防ぐことが大切です。

男性も無法備な日焼けは避けよう!

男性が日焼けを好む一方で、最近は昔よりも美意識が高い男性が増え、日焼けすることに抵抗がある人も多くなってきました。

若い時には実感しなかった肌トラブルが年齢とともに表れてくることがあるので無防備な日焼けや無頓着なスキンケアから一刻も早く卒業しましょう!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする