男性と女性の肌の違いとは?

そもそも男性のスキンケアには、メンズスキンケアブランドを使う必要があるのでしょうか?

実は、男性と女性では肌質に違いがあるため、男性を対象にしたメンズスキンケアコスメを使うことはとても理にかなっています。見た目からしても男性と女性の肌は明らかに違いますよね。

女性はキメが細かくて柔らかい肌をしていますが、男性の肌はキメが粗くて硬く、厚みがありますよね。なぜ男性と女性の肌はこんなに異なるのでしょうか?

今回は、男女の肌の違いについて、詳しく見ていきたいと思います。

男女の肌質の違い

肌は、一番外側の層の「表皮」、その下の肌のハリの要となる層の「真皮」、皮下脂肪ゾーンと言われる「皮下組織」の三層からなっており、基本的な皮膚の構造や肌の水分が保たれる仕組みなどは男女に差はありません。

しかし、いくつかの点で微妙に異なる点があります。

肌の厚さ

男性の方が一般的に女性よりも角質と呼ばれる表皮の外側の層が厚くなっています。角質が厚い男性は、その分キメが粗く、硬いですが、ダメージには強いので紫外線の影響や加齢による変化は女性に比べて少ないと言われています。

つまり、年を取った同い年の男女の肌を比べると、男性の方がしわやたるみが少なく若く見られるのに対し、女性は老けて見られることが多いです。

しかし肌のキメが粗い男性の肌は、毛穴が目立ち肌がざらざらした手触りになります。そのことで肌荒れをしているように見えたり、老けた印象を与えることがあったりします。

皮脂量の違い

男性の方が女性より皮脂の分泌量が多く、その差は女性のおよそ2.5~3倍と言われています。これは男性ホルモンが深く関わっています。男女ともに皮脂は男性ホルモンが皮脂腺を刺激することで分泌され、その結果男性の方が皮脂量が多くなります。

男性の場合、思春期から60歳くらいまで男性ホルモンの分泌量に大きな変化はなく、女性より生涯通じて多く分泌されるので、肌表面がテカりやすく、あぶらっぽくなります。そのため乾燥を感じることは少ないですが、肌のベタつきによる悩みや皮膚炎、吹き出物などの肌トラブルに長期間悩まされる人も少なくありません。

逆に女性は皮脂が少ない分、肌の水分量が減りやすく乾燥肌になりやすいです。このような皮脂量の違いにより、男性は、中年期を過ぎても水分と油分の分泌がきちんと行われるので老化が目立ちませんが、女性は25歳前後から男性ホルモンが減るので肌が乾燥しやすくなります。さらに、女性の肌は薄いので紫外線などのダメージに弱く、これも乾燥肌の原因となります。

水分量

男性と女性では肌に含まれている水分量に大きな差があり、男性の肌に含まれる水分量は、女性に比べて50~70%と言われています。

皮脂量が多い男性は自分の肌が乾燥していることに気付きにくく、水分が不足して乾燥することによってシワやたるみが起こりやすくなります。

また男性の肌は水分がなくなって乾燥すると、さらに皮脂を分泌するようになるので、オイリー肌だと思っている人も実は乾燥肌だったということが少なくありません。

また、女性の方が水分量は多いのですが、男性に比べて肌全体の水分が占める割合が低く、これは一般に男性より女性の方が脂肪の量が多いためです。

毛穴の大きさ

毛穴の数はお母さんのおなかの中にいる時に決まっており、基本的に男女差はありません。しかし男性の方が毛穴が大きいですよね。

これはキメの粗さと関係しており、キメが粗い肌になればなるほど、毛穴は大きく、開いていきます。さらに男性は男性ホルモンによる皮脂分泌が活発なので、毛穴に皮脂がたまりやすいです。

生活習慣の違い

ここまでは男女が元々持っているホルモンの違いなどによる肌の差を紹介してきましたが、ここからは、生活習慣の違いによって生まれる男女の肌の違いを紹介します。

女性の肌にダメージを与える生活習慣

女性の肌が最もダメージを受けているのはメイクです。

毎日のメイクのせいで肌がどんどんダメージを受け、そのダメージを蓄積させて老化を進めます。まず、メイクの際にはファンデーションやアイメイクなどで肌を刺激し、負担をかけています。そして、メイクを落とすために洗浄力の高いクレンジング剤で肌をゴシゴシとこすって肌にダメージを与えています。

また、化粧水や乳液などのスキンケアをする際にも、肌に刺激のある成分を配合している化粧品や肌に合わない化粧品を使用していたり、使用時に肌を強くこすってダメージを与えたりすることがあります。

男性の肌にダメージを与える生活習慣

男性の場合は、紫外線に無防備だったり、スクラブ入りの洗顔料などでゴシゴシと顔を洗ったり、髭剃りで毎日角質層を削り取ったりして肌に大きなダメージを与え続けています。

基本的に、女性に比べてスキンケアに対して無頓着で、肌にダメージを与える洗顔方法をしていたり、適切なスキンケアを怠っている人が多いと言われています。

特に毎日行う髭剃りは、角質層を傷つけることで水分を外に逃がしてしまうため、乾燥による過剰な皮脂分泌を引き起こす原因となります。

男性の肌は女性より厚くコラーゲンも豊富なので加齢による衰えも遅く始まりますが、紫外線などの外部からの刺激によるダメージの蓄積が大きいので、老化が始まると突然深いシワが目立ち始めるという特徴があります。

男女の肌の違いを知って適切なスキンケアを!

ここまで紹介してきたとおり、男性と女性の肌にはかなりの違いがあります。

メンズのスキンケアブランドは基本的に男性の肌質に合わせて設計されていますので、これからスキンケアを始めるという方は、メンズスキンケアブランドからアイテムを選ぶといいでしょう。

男性はスキンケアに無頓着な分、スキンケアを始めると女性よりも早く肌質の改善を実感する人が多いです。出来る範囲で適切なスキンケアを始めてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする