ノンコメドとは?ニキビに悩む人は要チェック!?

スキンケアアイテムのパッケージを見ていると、「ノンコメドジェニック」と書かれているものがあります。

コメドは角栓のことで、ニキビができる第一段階とも言われています。角栓は、毛穴に詰まった皮脂や角質の固まりを指し、毛穴から顔を出していることがあります。

これに炎症が加わるとニキビになります。しかし、「ノンコメドジェニック」という言葉はあまり聞きなじみがありませんよね。

そこで今回は、ノンコメドジェニックの意味とその特徴について紹介していきます。

ノンコメドジェニックとは?

ノンコメドジェニックは、ニキビの原因菌であるアクネ菌の養分になりにくい油性成分で作られているということです。

一般にノンコメドジェニック化粧品とは、ニキビができにくい成分を使って作っている化粧品の総評で、毛穴がつまりにくいということがテストなどで証明されていることが多いです

。しかし、間違えてはいけないのは、ニキビが治る成分が配合されているというわけではないということです。

化粧品には様々な油分が含まれており、皮膚の上で酸化してアクネ菌の養分になってしまうと、ニキビを悪化させたりコメド(角栓)ができやすくなったりする恐れがあります。そのような悪化させる成分が入っていないのがノンコメドジェニック化粧品です。

ノンコメドジェニックテスト済みとノンコメドジェニック処方との違い

ノンコメドジェニックテスト

ノンコメドジェニックテストとは、化粧品の原料を調べて、コメドを誘発しにくいかどうかを証明するテストです。

ノンコメドジェニックテストでは、皮脂腺の多い、背中などに化粧品を数回使用して、コメドができているかどうかを検査します。このテストをクリアすると、化粧品のパッケージにノンコメドジェニックテスト済みと表示することが可能になります。

しかし、国の承認など法的な規制があるわけではないので、会社の責任で表記が行われています。そのため、人間での検査ではなく、ウサギなどの動物で試験を行っている場合もあるので、「ノンコメドジェニックテスト済み」と表示されていても、本当に自分に合うかどうかは分かりません。

ノンコメドジェニック処方

ノンコメドジェニック処方とは、ニキビやコメドができにくい成分を使った製品であるということです。

ノンコメドジェニックテストを行って、クリアしている場合もありますが、していない場合もあるので混同しないようにしましょう。

ノンコメドジェニックに着目するのも一つの手

「ノンコメドジェニック」という表記が全ての人にニキビができないことを確約してくれるものではありませんが、ニキビで悩んでいる人は参考にすると良い指標だと思います。

化粧品を使うとニキビが悪化するという人は、ノンコメドジェニック化粧品を使ってみて、自分の肌に合うかどうか確認すると良いかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする